<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ロマンティックが止まらない(C-C-B)1985 「ない」のつく曲 その3 

誰かRomantic 止めて Romantic
胸が胸が苦しくなる
惑う瞳に甘く溺れて
Hold me tight せつなさは止まらない


ピンクの髪、派手メガネで時の人になった、
リーダーのリュウさんは
いまや半農半楽の田舎暮らしの人。

テレビでは「あの人は今」的に
微妙な紹介をされますが、
都会で疲れた中高年には
あこがれ暮らしだったりします。


ゴールデン☆ベスト C-C-Bシングル全曲集ゴールデン☆ベスト C-C-Bシングル全曲集
(2003/11/26)
C-C-B、笠浩二 他

商品詳細を見る


友だちの (dont stop)
領域(エリア)から (Love me do)
はみだした 君の 青い ハイヒール


C-C-Bこの歌をヒットさせたころは、
ひょうきん族や、おニャン子クラブ全盛期。
吉川晃司、菊池桃子がはやってました。

「まいどお騒がせします」(TBS)という
ちょっとHなドラマのテーマソング。

好景気とバブル時代の到来。
就職戦線は異常な売り手市場で
企業からのパンフ・冊子が鬼のように送られてきて、
内定者の囲い込み、青田刈りなどが問題になり、
今から考えると夢のよう。
贅沢なもので、学生たちは大手企業ばかりに集中。
当時は、証券・鉄鋼・電気などが人気。
大仕掛けな採用をされた挙句、
倒産・リストラ・失業など
大変な思いをした方も多かった。
そんな、バブル入社組ももう50代。
リタイア後の人生も考えないとね。

お騒がせな、ロマンティックなバブルも
90年代には弾け飛び、
就職氷河期がながーく続くことになるのでした。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/432-0cbb1ea2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。