<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

超人バロム1(水木一郎) アニキの特ソン その3

マッハロットで
ブロロロロブロロロロ ブロロロロ
ぶっとばすんだ ギュンギュギュン


二人の少年が「友情のバロメーター」(?)で変身するヒーロー
ケンカをしたり、離れていると
悪の怪人と戦うことができない。
ちょっと不便な設定です。

ガキ大将タケシと優等生ケンタローの二人が
バロムクロスで変身するところが
カッコいいんですが、
バロムワンごっこでは、
変身後をどちらがやるのかで
必ず揉めてしまうのでした。


超人バロム・1 VOL.1 [DVD]超人バロム・1 VOL.1 [DVD]
(2004/07/21)
特撮(映像)、高野浩幸 他

商品詳細を見る


みんなで呼ぼう バロムワン
必ず来るぞ バロムワン


さいとうたかをさんの原作。
東映作品ではありましたが
仮面ライダーより少し下のB級なテイスト。
身近な人が怪人にされてしまうあたり、
怖さがちょっとリアルすぎて引いちゃう子も多かった。
でもそこがまた魅力でした。

ドルゲは人の心の負の部分を操り、
怪人=ドルゲ魔人にしてしまうという敵。
佐川啓介の松オジがキノコルゲにされちゃう話、
脳を破壊するヤゴゲルゲの子守唄の話は
夢に出るほど怖かったものです。

この歌も、水木ソングの代表曲。
歌詞のほとんどが擬音とヒーロー名連呼。
とにかく、一度聴いたら頭から離れない歌ですよね。

都心では恥ずかしいけど、
農道をつっ走るときにかけると気持ちがいい曲。
みんなで一緒に「バッローム!」



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| テレビまんがの時代 | 07:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/440-09e9823b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>