<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

秘密戦隊ゴレンジャー(ささきいさお&堀江美都子) 大王の特ソン その2

真っな太陽 仮面にうけて
願いはひとつ い空
色い砂塵 渦巻く街に
ピンクの頬の 五人の戦士
吹かせの明日の風を(ゴー ゴゴー)


一つ一つの色が織り込まれた
ナイスな歌ですね。
ミッチーこと堀江美都子と
ささきいさおさんのコンビネーションが
見事でした。

5人組のヒーローが活躍する
戦隊シリーズはまさに、
この歌から始まりました。


秘密戦隊ゴレンジャー Vol.1 [DVD]秘密戦隊ゴレンジャー Vol.1 [DVD]
(2002/10/21)
特撮(映像)

商品詳細を見る



(バンバラ バンバンバン)
(バンバラ バンバンバン)
誰が(ウウー)つけたか おれたちは
秘密(ウウー)戦隊ゴレンジャー ゴレンジャー


エンディングもかっこよかったです。
「秘密戦隊ゴレンジャー」
といえばこの「バンバラ バンバンバン」ですよね。

B級感にあふれた怪人たちと
ユニークな武器で戦う戦士たち。

なんというか、徹底した娯楽路線。
当時はまじめに見てなかったけど
子供の間で、大ブームが起きておりました。
このパワーが40年も続く原動力だったんですね。

基本コンセプトは、今も同じ。
ポーズ、名のり、合体技、逆転勝利!
もはや、歌舞伎とおなじ伝統芸能のよう。
CGや武器が進化しても
基本は変わらない。
素敵なことだと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

70年代の懐かしい
「テレビまんが」スペシャルもいったん終わりです。

昔は特撮もアニメもドラマも、
子供向けのものはすべて「テレビまんが」でした。

(アメリカの輸入作品「わんぱくフリッパー」とか
ホームドラマ「ケンちゃんシリーズ」なんかも)
ある意味いまの「ラノベ」のくくりに似てますね。
「万の可能性を秘めた画」だから「まんが」
といったのは石ノ森章太郎先生。
テレビにとっても可能性の塊だった「テレビまんが」は
決して蔑称ではない!(と思う)

そのうちに、子門正人特集をやりたいものです。 
スポンサーサイト

| テレビまんがの時代 | 07:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/460-b8fa282e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>