<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

木枯しの少女・Shes My Kind Of Girl (ビヨルン&ベニー)1972 木枯らしの曲 その3

アバのメンバー、ビョルンとベニーのアバ結成前の代表曲。
といっても、子供に聞くと
「アバ」ってなに?
クイズに出てくる脳の活性化?
(それは「アハ」!)
スーパーグループABBA(アバ)の紹介からしなくちゃいけません。

1970年代後半から80年前半にかけて
大ヒット曲を量産した、
世界のピンクレディーみたいなグループ
曲はどれもも素敵でしたが、
やっぱり「ダンシングクイーン」が有名です。
私は「ギミーギミーギミー」とか
「恋のウオータールー」
(ナポレオンが負けたワーテルローのこと)
とか好きでした。
二組の夫婦コンビが楽しそうに歌う
ディスコに似合う、ポップなナンバーの数々。

ただ、残念なのは、
いまひとつ深みがないんですよね。
(あくまでも私見です)


リング・リング~木枯しの少女+3リング・リング~木枯しの少女+3
(2012/09/19)
アバ

商品詳細を見る



その意味では、この曲シンプルでありつつ
哀愁のあふれるメロディーを奏でてて、
一度聞くと頭にこびりつきます。

Look at her face, it's a wonderful face
And it means something special to me
Look at the way that she smiles when she sees me
How lucky can one fellow be

歌詞のほうは、哀愁とは無縁ですね。
簡単な英語だし、そのまんま。
美しい少女をほめたたえるだけ
きみ、かわいいね、というだけです。

うーん。富を手にしちゃったら、
二組とも離婚しちゃったアバ。

やっぱり深みがないのが原因なのかも。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/466-b5977fc2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>