<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

冬の稲妻(アリス)1977  冬が始まる その3

あなたは稲妻のように 私の心を引き裂いた
蒼ざめた心ふるわせて 立ちつくす 一人立ちつくす


70年代後半はアリスの旋風が吹き荒れました。
ご存じのように下積みが長かったグループ
ヒットが出るまでが長くて、
この「冬の稲妻」がヒットするまで
実に苦節10年。

当時はおじさんグループとして見てたけど
今の私より年下だったんですよね。


ゴールデン・ベストゴールデン・ベスト
(2002/11/20)
アリス、堀内孝雄 他

商品詳細を見る



You're rollin thunder 突然すぎた
You're rollin thunder 別れの言葉
忘れない あなたが残していった 傷跡だけは


グループサウンズのブームの次にやってきた
カレッジフォークの波。

学生のバンドが新鮮な風を運んできた時代。
アリスもデビューしました。
「走っておいで恋人よ」はさわやかなフォークソング。
「青春時代」
「あじさい」
あたりも切ないいい作品なんですよ。

しかし、それだけでは人気が出ず、
ロック色を強調したのが、この冬の稲妻。
深夜放送などで火がつきました。

そして
「ジョニーの子守歌」
「涙の誓い」
「チャンピオン」
と大ヒットが続き、
ベストテンでも毎回上位に
ランクインするスーパーグループに。

ちょうど私の青春時代と重なります。
ギターで始めて覚えたのは
「涙の誓い」でした。

あまりに大ヒットしすぎて
封印してる人多いのでは。
「ハンドインンド」とかは
ちょっと恥ずかしい思い出もありますからね。

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/484-c70e2e1c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>