<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

マギ 第10話「その名はジュダル」感想 魔法バトルはアニメの醍醐味!

煌帝国の神官になっているというジュダル。
シンドバットと何やら因縁がありそう。

そして、不気味な黒幕「銀行屋」
バルバットの財政顧問をしているという
マルッキオこそ、
この世界を黒いルフで支配しようとする
アルサーメンの一味


すでにバルバット国王は
取り込まれてしまっているみたい。

話し合いの場をぶち壊し、
アリババたちは追い出されてしまった。
どうする?アラジン!

(アニメ見た方は続きを読むへどうぞ)


マギ MAGI ラビリンスジェムプレート 全7種 ストラップ 連載全7種 1 アラジン 2 アリババ 3 モルジアナ 4マギ MAGI ラビリンスジェムプレート 全7種 ストラップ 連載全7種 1 アラジン 2 アリババ 3 モルジアナ 4

BANDAI バンダイ

商品詳細を見る


今週は44夜から48夜までのおはなし。

「国民の生活を全力で守ると、約束してくれ!」
という叫びもむなしく、
追い出されて落ち込むアリババ。
「今日の君が変えたことが確かにあるよ…」
アラジンはやさしい。

失意の「霧の団」のメンバーに
いつの間にか仲間になった
シンドバットがアジテーション。
一方的にやられるだけの国民が
初めて正々堂々戦ったんだ!
自分が剣をとった理由を忘れるな!

何かあっても俺の国が受け入れる!
もう、フランス革命のミラボーみたい!
あっという間にみんなの心をつかんでしまいました。

と、そこに現れたのがジュダル。
「俺が組みたいのはシンドバットおまえなんだぜ!」
ねらいは、シンだけみたい。
でも、アラジンの醸し出すルフの流れに反応。
マギ同士の対決が始まります。
この先は、アニメならではの
見事な魔法の映像化!
目が離せませんでしたね!

ジュダルとアラジンの
「マゴイの撃ち合い」は互角。
つぎに、氷魔法と浮遊魔法で
空中から
氷の槍(サルク・アルサーロス)
を降り注がせるジュダル。
アラジンをかばったウーゴ君が傷だらけに!

やられても、やられても
立ち上がるウーゴ君
「戻ってよ!」の声にもこたえず
ジュダルにひたすら、立ち向かっていく。
そして、そのすきにアリババが
アモンの金属器で攻撃
炎の属性だから、
みごと氷のバリアーを破ります。
ジュダルの頬にきずが!

そして、制御不能のウーゴ君が
ジュダルにとどめの一撃!
あれっ?勝っちゃった?

次回、あのわがまま姫君・練紅玉が登場。
ついでに、腹黒・夏黄文も。
来週もすごいバトル、必死です!

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| サブカル関連 | 20:30 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/505-df9e5f26

TRACKBACK

マギ 第10話 「その名はジュダル」

アブマドとの謁見の最中に煌帝国の神官として現れたジュダル。 もう一人のマギで、シンドバットとは何回か戦った相手のようです。 マギなのですが、ジュダルは強大な魔力で暴れる...

| 空 と 夏 の 間 ... | 2012/12/10 02:07 |

マギ

12月10日 マギ アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らない場合は

| 別館ヒガシ日記TB用 | 2012/12/10 21:18 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>