<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

宇宙少年ソラン1965(上高田少年合唱団) 60年代モノクロアニメ その4

ソラン ソラン ソラン
はるかな 宇宙から
ソラン ソラン ソラン
虹を越えて やってきた


私は1960年代の生まれなので
このあたりのアニメは何度か再々放送で見ただけ。

モノクロ作品はカラー放送が本格的に始まると
ピタッと再放送も止まり、
代わりに入ってきたのが
アメリカ製のカラーアニメ。
(ハンナ・バーベラのチキチキマシンとか)
60年代モノクロ作品は
見たくても見られない時代が続きました。

最近はDVDやネットでも
当時の画像が見られるようになりました。
えーっ!こんな絵だったっけ、
というのも多いけど、
懐かしい歌声は確実に、
ささくれた心を癒してくれます。

テレビまんが主題歌のあゆみテレビまんが主題歌のあゆみ
(2005/12/21)
テレビ主題歌、上高田少年合唱団 他

商品詳細を見る



宇宙少年ソラン Vol.5 [DVD]宇宙少年ソラン Vol.5 [DVD]
(2001/11/22)
朝井ゆかり、菅谷政子 他

商品詳細を見る


胸に輝く 秘密のペンダント
もえあがるファイト みなぎる力
さあ行くぞ チャッピー みんなが待っている
宇宙少年ソラン
ソラン ソラン ソラン


マンガの歴史に、「W3(ワンダースリー)事件」がありました。
この「ソラン」に出てくるリス型生物「チャッピー」が
手塚先生のアイディアの盗用だ、
という疑惑が発生。
怒った手塚先生が
連載中の漫画をマガジンからサンデーに
載せ替えるという事態に。

真相は闇の中ですが、
どう見ても原因は
手塚サンの子供じみた自尊心にあるらしい。

「ブラックジャック誕生秘話」で
読んだ先生のエピソードは
永遠の子供の気持ちを持つ天才、
というイメージ。

つき合わされた編集者の方の大変さが
大人になってみて、よくわかります。

が、読者としては、
そんなことはどうでもよくって
面白い、斬新な漫画を
たくさん描いてくれた手塚先生。
やっぱりすごい方ですよ。
尊敬しております。

そんなマンガ史にのこる
事件のほうが有名なアニメ。
心の中にいたソランのほうが
断然カッコよかったかも。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| テレビまんがの時代 | 07:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/509-8f873f02

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>