<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

卒業写真(ハイファイセット)1975 卒業の歌 その8

悲しいことがあると開く革の表紙
卒業写真のあの人はやさしい目をしてる


いよいよ今週は卒業式。
うちも中学生がいるので
参加しますけど
今一つ緊張感がないのです。

PTAでいろいろ準備したり
予行演習、アルバム作りで
大変だった上の子と違い
なぜかあっさりしてる。
でも、当日はみんな
泣くんでしょうけどね。


ハイ・ファイ・セット ベスト・オブ・ベスト DQCL-1136ハイ・ファイ・セット ベスト・オブ・ベスト DQCL-1136
(2008/07/01)
ハイ・ファイ・セット

商品詳細を見る


話しかけるように
ゆれる柳の下を
通った道さえ今はもう
電車から見えるだけ


卒業式で歌う歌も大きく変わって来ています。
最近は
「仰げば尊し」
「贈る言葉」
「巣立ちの歌」
「ビリーブ」などに代わって、
「旅立ちの日に」が多くなっているらしい。
これは、秩父の影森中学校の
先生たちが作った素敵な曲なのです。

合唱曲用の歌いやすいメロディーと
夢と希望にあふれた歌詞。
我が家の卒業生もこれを練習中。

でも、私の定番は
「卒業写真」
ユーミンのせつ泣きソングとして、
後世に残したい一曲かも。

卒業のシーズンくらい
センチメンタルになりたいですよね。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/615-22ffd0c0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>