<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

朝の連続テレビ小説『あまちゃん』第1週「おら、この海が好きだ!」 

過疎地の観光資源
「北の海女(あま)」として
現役で活躍する
ナツおばあちゃん(宮本信子)。

その後継者として、
「ハハキトク」のメールに騙され、
東京から呼び寄せられた
娘の春子(小泉今日子)。

しかし、強情な親子のわだかまりは消えず、
会えば口論の関係が続く。

しかし、東京の生活に
自分が見つけられなかった
春子の娘アキ(能年玲奈)は
ナツの生き方と
「海女」という仕事の魅力に惹かれていく


あらすじを書くとこんなだけど、
表面上は、ひたすら明るくて、能天気で、
いかにも「クドカン」さんらしい演出で
見てるだけでハッピーに。

だけど根底に流れる、
懐かしさとせつなさ。
これは、いいドラマです!


連続テレビ小説 あまちゃん Part1 (NHKドラマ・ガイド)連続テレビ小説 あまちゃん Part1 (NHKドラマ・ガイド)
(2013/03/25)
宮藤 官九郎

商品詳細を見る



主役の能年さんが新鮮で、可愛い。
舞台が震災前の東北。
リアス式海岸、ローカル線、海の町…
脚本が私の好きな工藤官九郎さん。

そして、一番感動してるのは
キョンキョンこと小泉今日子さん。
もちろんアイドルのころから好きでした。
それが、「もとヤン」の強気なママ役。
しかも、宮本信子さんと
ガッチリ四つに組んだ親子バトル。
これがとてもイイのです。

「東京にいる時のお前が本当のお前なのかい?」

「変わらなくちゃなんないのは、むしろ春子。
おめぇさんの方なんでないの?」


ああっ、こういうやり取りが
そこら中に出てくる。

そして、脇のメンバーが
豪華なだけでなく実力派。
方言やちょっとした演技に
まったく隙がないのであります。

そして、杉本哲太さんの大吉さん。
東京に出て行った春子を待っていた
純情中年の駅長をコミカルに熱演。

先週まで朝ドラに漂っていた、
物足りなさ、違和感が
今回は見事に吹っ飛んでしまった。

ごちゃごちゃした感じと
朝ドラらしからぬ騒がしさは
「あまちゃん」の露払い役だったのかも。
とにかく良いのですよ。
来週もホント楽しみだ~。

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ドラマと映画 | 14:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/653-93d52ec1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>