<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

主題歌は中山千夏さん!~空中都市008「北極圏SOS」感想 その2

008(ゼロゼロエイト) 008(ゼロゼロエイト)
空中都市はみんなの街だ~


空中都市008はわずか1年間の放送でしたが、
記憶に焼き付いてしかたないのが
軽快で楽天的な主題歌。
あの中山千夏さんがうたってました。
音楽は、竹田人形座のシリーズすべて担当した
富田勲さん。(世界のトミタですよ)

また、とにかく声優さんのキャストが豪華。

天下のNHKですから、 
大原博士は若山弦蔵さん
奥さんの冴子さんは里見京子さん
主役のホシオは太田淑子
ワイズマさんが藤村有弘
(ガパチョと並ぶ名演技、
とくに「フランス語」風アドリブがすごかった)
小林所長が熊倉一雄さん
(このひとのケペル先生ももう一度見てみたい)


TOMITA ON NHK〜冨田勲 NHKテーマ音楽集TOMITA ON NHK〜冨田勲 NHKテーマ音楽集
(2003/03/29)
冨田勲

商品詳細を見る



北極圏改造のため作られるという
ベーリング海ダムは夢の建造物。
その上を鉄道と高速道路が走る。
マグマ井戸は地球の熱で地表を温めるという
「超」最先端技術。
(イラストだと、さすがにマグマではなく
地下水利用の地熱発電的なもののようだ)

そんな、夢の世界を見学に行く子供たちは
「原子力船008号」にのってはしゃいでいる。
吹雪になるのを心配する船長の不安をよそに
「本物の雪を見るのは初めて
とはしゃぐ子供たち。
すでに天候も人間がコントロールできているらしい。

そこに突然の爆発。
大原博士の心配が的中し、
地震でマグマ井戸が壊れ、
ベーリング海のダムは崩壊をはじめた。
(この辺りはハラハラします、特撮が見事)

サンダーバードの影響か、とにかく爆破、噴火
津波、氷山激突でダムが崩れる…
予算が相当あったのではないか、
もしくはNHKの威信をかけた輸出版用演出?
または、万博で使用を計画していたのでは?
いろいろ考えられます。

そして、原子力船内のパーティーのような日常は一転、
電気が止まり、寒波が子供たちを容赦なく襲う。
相変わらず能天気な、
藤村有弘のワイズマンさん
「大丈夫で~す」の連発がとても皮肉に聞こえる。

「科学の過信が神の怒りに触れたのよ。」
乗客の老婆のセリフが的を得ている。
そして、氷山に囲まれ、
身動きが取れなくなった008号
はたして助けは来るのか…

続きはまた明日のココロだ~。



にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| テレビまんがの時代 | 07:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/673-c50e0393

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>