<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ヤングマン(西城秀樹)1979 あの日ぼくらはヤングだった その1

ヤングマン さあ立ち上がれよ
ヤングマン 今翔びだそうぜ
ヤングマン もう悩む事はないんだから♪


西城秀樹さんの大ヒット曲。
ヴィレッジピープルのYMCAのカバー曲。

「若者」という言い方が古くなって
代わりに生まれた「ヤング」
いまや、中高年しか使わない言葉になっていますね。

今週は、そんな「ヤング」がつく
昭和の歌についてつぶやきます。


西城秀樹 GOLDEN☆BEST西城秀樹 GOLDEN☆BEST
(2004/12/22)
西城秀樹

商品詳細を見る


すばらしい Y.M.C.A.
Y.M.C.A.
ゆううつなど 吹き飛ばして
君も元気出せよ!


意味も分からず、日本中で叫んでいた
「ワイ・エム・シー・エー」
キリスト教青年会
(Young Men's Christian Association, YMCA)
の略なのですが、
そこのユースホステルが同性愛者のたまり場になっていて
原曲はそれを賛美する歌だったけど、
秀樹によって健康的で
明るい青春応援ソングになって
老いも若きも一緒になって
両手でアルファベットを作りながら
熱唱したものでした。

ヤングジャンプが創刊されたのもこの年。
翌年にはヤングマガジンが続きました。
ラジオでは
セイヤング、ヤングタウン東京
テレビでは、
レッツゴーヤング、ヤングおーおー
なんかもありました。

「クイズ年の差なんて」というのも80年代。
ヤングチームが大体60年代生まれ中心
森口博子さん、中山秀征さんたち
アダルトチームが
高島忠夫さんや沢たまきさんでした。

現代の年の差番組
フジの「ジェネレーション天国」だと
バナナ世代、キウイ世代、マンゴー世代…
というらしい。
それぞれ有難がった果物を現しているらしいけど、
今一つわかりにくかった。
いちおう、40-50代は「キウイ世代」というそうです。
ちょっと違うような気がしたのは私だけ?




にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/702-5840a4fe

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>