<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

オレンジの雨/野口五郎(1973)雨に濡れて その4

オレンジの雨の中 ぬれてる
ふたりなら 火遊びと 言われていい
燃えるのは そのときだけの
恋はいつも気まぐれ


松山千春の「銀の雨」
稲垣潤一の「蒼い雨」
色のつく雨の中でも
もっとも色っぽいのは「オレンジの雨」

小学生の私にはまったくわかりませんでしたが
年上のお姉さんとの危険な恋の歌。
「そんなこと、どうでもいいじゃない」
というところが
無軌道な青春のようで
カッコよかったのでした。


野口五郎 ザ・ベスト EJS-6178野口五郎 ザ・ベスト EJS-6178
(2012/01/30)
野口五郎

商品詳細を見る


にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村


歌もうまい、
ダジャレに近いジョークが好き、
演歌でデビューした苦労人、
ギターも得意、
それでいて
「胴が長い」という自虐ネタを連発。

野口五郎さんは男の子にも
結構人気があったのです。

「オレンジの雨」は
初期の演歌っぽい雰囲気を残した
一連の曲のひとつ。
こうしてきくと
ジーパンに長髪、
サイケな柄のシャツをきた若者が
目の前に思い浮かんでくる。

花の中三トリオ(桜田、森、山口)は
みんないなくなってしまったけど
新御三家(野口、郷、西城)は現役活躍中。
(西城秀樹さんの脳梗塞にはびっくりしましたが
無事復帰したみたい)

私より一つ上の
この世代の皆さんには
まだまだ頑張っていただきたいところ。
野口五郎さんが紅白で歌う姿も
またテレビで見られたらなぁ。

スポンサーサイト

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/730-ed7caf3d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。