<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

神のみぞ知るセカイ 女神篇 FLAG 6.0 「私について。」感想

RODの倉田さんが脚本だから
力が入るミネルヴァ覚醒編。
一話まるまる使っておりました。

栞のイメージの世界は
やっぱり紙の竜巻が舞い踊り
完全に栞子リードマン状態

汐宮栞のなかにいる女神は
知恵の神、ミネルヴァ。
「そろそろ書けそう?」
が可愛過ぎる。

第一期の図書館籠城のときの
記憶がよみがえり
桂馬との絆を取り戻すのだった。

神のみキャラCD.4 汐宮栞 starring 花澤香菜神のみキャラCD.4 汐宮栞 starring 花澤香菜
(2010/12/22)
汐宮栞 starring 花澤香菜

商品詳細を見る


女神篇をどうまとめるか?
いろいろ構想を練る中で
ほぼネームだけのような
コミックス16巻前半。
図書館のエピソードは
省略されてもおかしくないくらいの
地味さではあるけど、
この、栞の心の変化と
カシラギ(桂馬)との攻防が
この漫画の面白さを
もっとも体現しているんだよね。

若木先生から倉田さんに
「もっと変えて、もっといじって」
という要望があったのではないか?
そう感じるくらい
おいしく料理されていたのでした。

そのほかで面白かったのは、
桂馬と栞の構想を練る場所となった
尾道らあめん「風林」には
なんと、スミレの親父が…
まだ、「すみれや」に改装前みたい。
甘いラーメン、出されなくてよかった。

そして、地区長の報告会に参加するために
新地獄へ帰るツンデレ委員長ハクア。
アッかんベーもウレシイ。

しかし、駆け魂隊本部には
どす黒い罠が待っているとも知らずに…
ダメ~!
いっちゃいか~ん!

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

hakuabanaer
スポンサーサイト

| サブカル関連 | 02:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/830-e8880492

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>