<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

夢さりし街角(アリス)いつでも夢を その3

もう泣かないで 悲しまないで
折れるほど抱きしめてみても…


青春を懐かしく思い出す
アリスの名曲たち。

いまから思えば、この時期
グループの方向性の相違から
解散にむけた
話し合いが行われていたはず。

焦燥したあげくの
諦めにもにた惜別の言葉
「最後の言葉だ、ありがとう」
が悲しく胸に響きました。


シングルA面コレクションシングルA面コレクション
(1996/06/26)
堀内孝雄、アリス 他

商品詳細を見る


街には夕暮れが しのび降りる
片寄せ歩いても 心はさみしい


アリスの曲は
後半からなんだか神がかってきて
もう、何でも売れちゃう、ヒットしちゃう状態に。

それは、「テレビに出ない戦略」が
見事に当たったということでした。
ラジオでは毎週のように当時要する3人組が
テレビ番組には出ず、
次回こそ、来週こそ、と煽られていった
あの飢餓感。

バッチリあたったのです。
苦節うん10年のキャリアと
シャイな言動、初々しい歌詞。
チェリーボーイズ&ガールズに
ジャストフィット!!

みんな本気で応援していたのでした。
武道館の解散コンサート。
涙なしでは見られなかった。

もっとも、数年後にはHand in handも死語に
なってしまったのですが…



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/833-9a22e744

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>