<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

赤い糸の伝説(NSP) 秋は赤色 その7

あなたと僕の小指の糸が
ほどけないように結びましょう


「人は生まれながら 赤い糸で結ばれている…」
「しかし その糸は細くて 弱い…」
悲しいモノローグの後に始まる
フォークのヴィンテージものの名曲。

なんという、存在感。
なんという、寂寥感。


ベストコレクションベストコレクション
(1999/03/25)
N.S.P

商品詳細を見る


ダメなんだ ダメなんだ
冗談も言えずにくだを巻く…


近くにいる女の子に
告白も、手を握ることもできない。
なんともいえない掻痒感。
これぞNSPですよね。

私の「中二病」は
四畳半フォーク以前の
へたれ節。

うじうじ悩むのが
気持ちよかったのか、
カタルシスだったのか、
ダメな自分に酔っていました。
ああ恥ずかしい。

そういえば、
「あなたが女でなかったら、殴ってやるのに」
なんて、いろんな筋から
苦情が来そうな箇所もありましたね。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/870-419ad1a9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>