<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

サスケ(ハニーナイツ) 忍者の歌 その3

風よ吹け吹け 嵐よほえろ 逃げ道ないぞ
(サスケ 覚悟!)
オーオーオーオーヤッ!!
忍法 微塵隠れ サスケ


オープニングに入るナレーション
「光あるところに影がある。
まこと栄光の陰に、数知れぬ忍者の姿があった」

まさに、時代劇のおいしいところ。
江戸時代に入り、真田忍軍を追いつめる
服部半蔵たち柳生忍軍。

真田10勇士の生き残りらしい
猿飛一族の大猿が
息子サスケに秘術を託す。
ニキビの顔と
雷門ケン坊の独特の声。
思わずニヤリとしてしまいます。

コロムビア TVアニメ・特撮主題歌全集3コロムビア TVアニメ・特撮主題歌全集3
(2010/02/03)
テレビ主題歌、新田洋 他

商品詳細を見る


サスケ サスケ おいら男さ
名はサスケ


白戸三平の劇画は面白かった。
とにかく、理屈っぽいところが
中学時代、ツボにハマりました。

忍法「微塵がくれ」
(火薬をまいて土に潜む)
忍法「影分身」
(高速で移動し残像で敵に複数の虚像を見せる)
という次第で、ほとんどの忍法の
解説がすかさず入る。
「科学」の知識が入ることで
リアリティを感じてしまう。
まさに、SFの手法。

このシリーズは
サスケから入り
「忍者武芸帳」
「ワタリ」
「カムイ伝」まで
読みました。

結構ヘビィな中身。
江戸期の身分差別のこと
女性の地位の低さと残酷な運命。
いい人ほど早く死んでいく、むなしさ。
戦いでは肉片が飛び、血が舞上がり
意味もなく殺されていく人々。
中世、近世の人々の暮らしを
丁寧に描きつつ、
残酷さもリアルに描いた
スゴイ作品群でした。

流されながら、軽薄に
生きていていいのだろうか。
なんか、大きな影響うけました。

アニメのサスケは
小学生がみても大丈夫な内容ですが
母親との別れ、
運命のいたずらが悲しかった。
「こぎつね、コンと鳴く
なぜコンとなく…」
そう「かあさんの歌」ですよ。
もう、涙なしには見られませんでした。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| テレビまんがの時代 | 07:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/874-ca58f912

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>