<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

戦国廃城紀行---敗者の城を探る(澤宮優)の感想

いま、歴女に人気の悲劇の名将たち

石田三成、
大谷吉継
小西行長、
高山右近…

関ケ原の西軍の武将の
城跡をめぐる、
戦国時代の
「敗れざる者たち」列伝。

戦国廃城紀行---敗者の城を探る戦国廃城紀行---敗者の城を探る
(2010/01/22)
澤宮 優

商品詳細を見る



澤宮さんが好きなのは
司馬遼太郎の作品たちが底本のよう。
あくまでも、小説での活躍を中心とした
ストーリー中心です。

そのあたりがすごく読みやすい。

スポーツものでは多用される
事象の重複や
さりげないシーンの
印象的な切り取り。

まるで、無念の武将たちを
見てきたかのような描写。
そして、地元研究者の意見と証言を
コラージュした人物像の描き上げ方。

スポーツライターである
澤宮さんが書いてるから、
もうこれはドラマチックなのです。

次の時代の支配者に
完膚なきまでに壊された名城
その城跡から漂う独特の
「荒城の月」的な無常観。

きっと本格的な歴オタさんからは
ダメ出されたりしそうだけど、
詳しすぎたり、
独自解釈が少ないのは
半端な歴史好きの私クラスに
ちょうどいい感じなのでした。

おすすめ度☆☆☆

今週から、
読書メーターに書き足りなかったり
載せ忘れてた感想を書いております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/910-983cb316

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>