<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

いじめと探偵(阿部 泰尚)

鳴り止まない探偵事務所の電話。
それは、保護者と子供からの相談。
「子供がなぜ悩んでいるのか知りたい」
「どうしたらいじめの事実をつかめるか」
「学校が真剣に取り組んでくれない」
どうしようもない事例から、
自分でも解決できるはずの軽いものまで、
いじめ、暴力、犯罪…
子供を取り巻く環境は大変なことになっている。

いじめと探偵 (幻冬舎新書)いじめと探偵 (幻冬舎新書)
(2013/07/28)
阿部 泰尚

商品詳細を見る


「友達だよな」と万引きさせる中学生
「恥ずかしい動画」をネタに援助交際を強要する女子高生
「暴行」うけても親に言えず引きこもる子供

法と教育現場の隙間をつくような犯罪が
おきているのだ。

それを颯爽と解決する正義の味方、
負の連鎖を断ち切るための処方箋を
提示できる第三者としての役割。

親と学校の話し合いはあくまでも当事者同士
そして、決して法律違反のことはしない。
必要とあれば、子供をしかり飛ばし、
真摯に事例と向き合う。

こんな仕事もあったのか。
驚きの世界だった。

情報の不正入手で捕まった探偵がいたけど
真剣に取り組む探偵まで
排除されないことを望む。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 08:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/935-79830ef3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>