<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ライダー映画「天下分け目の戦国MOVIE大合戦」感想

日曜朝らしからぬ展開が予想される
「仮面ライダー鎧武」。
虚淵さんの邪悪な脚本が
これから楽しみなんだけど、
話題の新ライダー大戦の「大合戦」
見に行ってきました。

もはや「記号」としての存在と化す
平成ライダーたち。
思い入れの大きい人には、
あんまりな扱いに怒り出すかも。

でも、存在を消すことで
鎧武が生きてくる。
見事なバトンタッチ映画になったと思う。

【映画パンフレット】 『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』【映画パンフレット】 『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』

Livraison

商品詳細を見る


もはや、クウガもディケイドも関係ない。
ただの将棋の駒。

あまりに大きな存在感を背負った
歴代の平成ライダーたち。

オリジナルキャストが
次々スターに登りつめ、
朝の連ドラ「あまちゃん」で
フォーゼのパロディが見られる時代となった。
もはや映画で懐かしむ必要もない。

そこで、意匠のみの存在「記号」として
戦国大名の旗印になった。
さらに、戦国大名すらも「記号」としての
ノブナガ、ヒデヨシ、イエヤスでしかない。
あえて、本能寺をちゃちいセットにし、
彦根城のロケも、
主君のために戦う家臣も
形だけのドラマにし、
謎を謎と感じさせない、
お楽しみムービーとして完成。

大事な役どころに、なぜJOYを配置?
ゲストの名護さん、賢吾、照井竜、
フラットに顔見せ的でも納得なのだ。

ひねってあった映画版。
殺陣も特撮もCGも、
いつものように充実。
ライダー大戦はやっぱり面白い!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 特撮ヒーロー | 07:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/988-5023f4c8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>