<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

2億4千万の瞳(郷ひろみ) 10と10の倍数 その4

見つめ合う視線のレイザー・ビームで
夜空に描く色とりどりの恋模様


1000年の夢、
という言い方がある。
途方のないもの、想像がつかないもの
ともいえる。

100年くらい先だと想像ができるけど
1000年先になるとちょっと想像がつかない。

一万年と2000年前から愛してる~
というのが流行ったけど
1000年以上の年数は
もうどうでもよくなっちゃったという感じ。

2億4千万というのも、
もうどうにでもして、
という数字ですよね。

THE GREATEST HITS OF HIROMI GO .3~SELECTIONTHE GREATEST HITS OF HIROMI GO .3~SELECTION
(1996/11/01)
郷ひろみ

商品詳細を見る

>> Read More

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

恋人たちの100の偽り(太田裕美) 10と10の倍数 その3

ゼラニウム香ばしい坂道の朝
花の茎折りながらあなたが聞いた


ゼラニウムという花の名前が
初めに出てくるこの曲
(今はゆずの「ゼラニウム」があるけど)

私の実家はゼラニウムをベランダで育てていたので
ちょっと変わった花のつき方と、
切り口から出る強い匂い、
茎が節くれだっていて、花が咲かないと
実に地味な植物であるのを知っていました。

その意味で、自らを「ゼラニウム」に置き換えた
太田裕美のこの曲は
花の名前を一躍有名にしただけでなく
地味で真面目なシンガーソングライター
太田裕美の地歩を固める
大事な一曲だったと思うのですが
どうでしょうか。


太田裕美 ベスト・オブ・ベスト DQCL-1134太田裕美 ベスト・オブ・ベスト DQCL-1134
(2008/07/01)
太田裕美

商品詳細を見る

>> Read More

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

10 years(渡辺美里) 10と10の倍数の曲 その2

二人ならんで笑った写真
届かないひきだしに しまわなくっちゃ

あれから10年。
10年ひと昔。

パソコンなんかは7年で償却しちゃうし、
流行も1~5年でめまぐるしく変わる。
子供たちもあっという間に大きくなる。
10年たったら、もう大人の仲間入り。

あの時の10年前は
はるか昔のことと感じていたけど
今は30年前が昨日のことのように
思い出せる。

ribbonribbon
(1991/07/01)
渡辺美里

商品詳細を見る

>> Read More

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

十年ロマンス(タイガース) 10と10の倍数 その1

Once upon a time
はるかな夢 もう誰もここにいない
ひき潮の海のように

10月に入りました。
あの暑かった夏も
すっかり過去のこと。
忘れるのが早いのはいいけど
あと1か月でまた、冬が来るんですよね。

今週は、10月にちなんで
タイトルに「10」の倍数がはいる
曲の特集です。


ゴールデン☆ベスト ザ・タイガースゴールデン☆ベスト ザ・タイガース
(2003/11/26)
ザ・タイガース

商品詳細を見る

>> Read More

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

真赤な女の子(小泉今日子) 秋は赤色 その8

ぬれたTシャツ ドッキリ
脱げばキラリ 赤いビキニ Yeh! Yeh!


「あまちゃん」で元ヤンの春子を熱演。
中年女性の強さと
したたかさを印象付けました。

歌手としての実力も
「潮騒のメモリー」で見せつけたし、
今年はまさに小泉リバイバルイヤー。
でも、ちょうど30年前に
流行っていたのがこの曲なんですよね。


Kyon30~なんてったって30年!~Kyon30~なんてったって30年!~
(2012/03/21)
小泉今日子

商品詳細を見る

>> Read More

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

赤い糸の伝説(NSP) 秋は赤色 その7

あなたと僕の小指の糸が
ほどけないように結びましょう


「人は生まれながら 赤い糸で結ばれている…」
「しかし その糸は細くて 弱い…」
悲しいモノローグの後に始まる
フォークのヴィンテージものの名曲。

なんという、存在感。
なんという、寂寥感。


ベストコレクションベストコレクション
(1999/03/25)
N.S.P

商品詳細を見る

>> Read More

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

赤い衝撃(山口百恵)  秋は赤色 その6

あなたがいる、私がいる、
答えは愛だけ…


山口百恵のTVドラマといえば
「赤い」シリーズ
でも、この「赤い衝撃」のことを
「レッドセンセーション」
だとばっかり思ってました。
あれは「赤い絆」の歌なのです。

血と、愛と、激情がほとばしる
大映テレビのドラマたち。
極端な設定や強引な演出も
まさに時代が生み出した必然。
苦しみを共感したい、
思いっきり泣きたい、
そんな気もちをみんな持っていた
高度成長時代の心の傷に打ちひしがれた
(韓国がちょうどそんな状態らしい)
そんな時代のドラマなのでした。


GOLDEN☆BEST 山口百恵 コンプリート・シングルコレクションGOLDEN☆BEST 山口百恵 コンプリート・シングルコレクション
(2009/08/19)
山口百恵

商品詳細を見る


>> Read More

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

赤と黒(岩崎良美) 秋は赤色 その5

aHー赤と黒みたいな ahー恋をしています
ahー赤と黒みたいな ahーめぐり会いです


スタンダールの『赤と黒』の
ゴチック様式のような世界を
当時まだ、新人だった岩崎良美ちゃんが熱唱。

ビックアーティスト岩崎宏美の妹。
そう、いまのMISONOみたいな立ち位置。
でも、違うのは、とにかく歌が上手かった。

「タッチ」しか知らない人が多いけど、
実はすごい実力者。

あと、ちょっと控えめなところが
男の子たちを惹きつけました。

赤と黒から・・・・・III 愛してモナムール赤と黒から・・・・・III 愛してモナムール
(2013/04/10)
岩崎良美

商品詳細を見る

>> Read More

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

真っ赤なスカーフ(ささきいさお) 赤は秋色 その4

あの子がふっていた真赤なスカーフ
誰のためだとおもっているか…


「宇宙戦艦ヤマト」が最初の旅に出てから
40年近くたちます。

荘厳なテーマ曲『宇宙戦艦ヤマト』
それと対になった
哀愁たっぷりのエンディング曲
『真赤なスカーフ』
ささきいさおさんの歌手としての魅力が
より発揮されたのは、むしろ後者。

年を経て、ふたたび聴く、
ささきいさおの甘い歌声に
心ときめきます。


宇宙戦艦ヤマト/真赤なスカーフ宇宙戦艦ヤマト/真赤なスカーフ
(2012/04/25)
ささきいさお

商品詳細を見る

>> Read More

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

赤い服(渡辺真知子) 赤は秋色 その3

いつもママはいったわ
赤い服を着るよりも
お前には紺の服が似合うと


渡辺真知子の「フォグランプ」からの一曲。
派手な服は似合わないよ、
大人からの「親切心」も
子供には反発のタネにしか感じない。

なにげないママの一言が
その後の親子の「プチ断絶」につながっていく。
聴いたあと、ジーンと残る
佳作です。


フォグ・ランプフォグ・ランプ
(2013/04/10)
渡辺真知子

商品詳細を見る

>> Read More

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

赤い花白い花(赤い鳥) 赤は秋色 その2

赤い花つんで あの人にあげよ
あの人の髮に この花さしてあげよ


ノスタルジックなフォークの名作。
地方に住んでいた高校生の作品が
全国に広がっていった。

伝説のフォークグループ
『赤い鳥』が歌ったうたが
教科書にも載るようになる。

なんかいい話です。


GOLDEN☆BEST/赤い鳥 翼をください~竹田の子守唄GOLDEN☆BEST/赤い鳥 翼をください~竹田の子守唄
(2009/08/19)
赤い鳥

商品詳細を見る

>> Read More

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

赤い風船(浅田美代子) 赤は秋色 その1

あの子はどこの子 こんな夕暮れ
しっかり握りしめた 赤い風船よ


まだまだ、残暑が続き
疲れがとれない、今日この頃。
それでも、朝晩はちょっとずつ
涼しくなってきています。

でも秋を感じるのは
夕暮れ時。
沈む夕日の真っ赤な赤が
秋を感じる色。

今週は、タイトルに「赤」がつく曲を。

GOLDEN J-POP/THE BEST 浅田美代子GOLDEN J-POP/THE BEST 浅田美代子
(1998/11/21)
浅田美代子

商品詳細を見る

>> Read More

| 音故知新~昭和の歌~ | 07:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>