>> EDIT

ウオヅラコレクション(伊藤勝敏)

「ユカイ」な、いうより
「奇ッ怪」な顔の魚たち。

「魚だって歯が命」ブダイの出っ歯。
「タイガースファン」ムスジコショウダイ。
「気まぐれや」、トラスギ。
「何見てんのよ」と怒るオハグロベラ。

サブタイトルが、とにかく秀逸でした。
ウオズラコレクション

41CC6Drn0W.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| 読んだ本 | 07:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

あかんやつら 東映京都撮影所血風録(春日太一)

東映の京都撮影所をめぐる
映画人達の血みどろの活躍。
きれいごとだけではない
ダークな部分ふくめ
そこには『血風録』にふさわしい、
歴史が隠されていた。
特撮とアニメでしか東映を知らない
私はびっくり。

企画を通すのも
「理屈抜きに」「面白い」が必須というポリシー。
活気があり、文字通り「殺人的」だった当時の撮影現場。

だが、次第にテレビに飲み込まれてくる映画産業。
そんな中、松竹の『蒲田行進曲』を、
東映京都が下請けするという事態になり、
本当に落ちたら死ぬ高さの巨大な階段セットなど。
深作欣二監督の行った「こだわり」の凄まじさ。

「東映京都の話はこんなに甘くない」といった
言葉に発奮した、春日さんの渾身のドキュメンタリー。
だけど、今後の京都撮影所はどうなるのか、
とっても気になる。

あかんやつら

51uExQjuq.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| 読んだ本 | 07:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

叱られる力 聞く力 2(阿川 佐和子)

「か・り・て・き・た・ね・こ」
感傷的になるな、
理由を話す、
手短に、
他人と比較しない、
根に持たない、
個別にしかる。

カラッと、
けろっと、
さらっと、叱れ。

どうしても感情的になってしまう、部下への対応。
気難しい難しい父、阿川先生に
落語ネタで応酬した阿川佐和子さん。
さすがです。
一人暮らしを始めた娘のアパート、
やってきていきなり、
嫌味とオナラでマーキング。

うーん、この親子すごい。

叱られる力 聞く力 2

41jjeHMwb.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


| 読んだ本 | 07:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

この歌この歌手(読売新聞文化部)

歌謡曲の名曲の秘話を綴った
ノンフィクション・ドキュメンタリー。
「紅白」の季節だから、もう一度読みたい。

元歌が「炭坑町のブルース」という
アメリカの暗い歌だった「受験生ブルース」。
ニーチェに傾倒していた友人の鎮魂の歌だった、
はしだのりひこの「風」。
ディレクターの反対を押しきって、
どうしても歌いたいと粘った奥村チヨの「終着駅」。
咲こうとする花を抑えに抑えていこうの方針で作られた、
アイドル天地真理の「虹をわたって」

東京に行く直前に結ばれた恋人と、
それを振り切って上京する実話「心の旅」。
作詞家のこだわりのタイトル「私鉄沿線」。
メジャー志向がないイルカと、
歌いたくなかった「なごり雪」。

歌詞も作詞家も東京出身なのに、
担当ディレクターの体験から作られた「木綿のハンカチーフ」。
小学2年生の親友の母のことを歌った「ヨイトマケの唄」。

歌に涙とあり、歴史あり、な素敵な一冊でした。

この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

61K7V68Snu.jpg

| 読んだ本 | 07:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

愛しのブロントサウルス―最新科学で生まれ変わる恐竜たち(ブライアン・ステークス)

「ニール・ヤングの歌の有名な二者択一を借りれば、
恐竜は消え去ったのではなく、燃え尽きたのだ。」
アメリカのサイエンスライターの
ブライアン・ステークスさんの科学エッセイ。
寄生虫に悩まされ、
色鮮やか羽毛を持っていた
中生代の巨大生物の世界。
恐竜愛にあふれた最新恐竜論が展開される。

いまや非公式なニックネームに成り下がってしまった
恐竜名「ブロントサウルス」。
愛着があるこの名称がどうしても使いたい、
という著者のこだわりなのだ。

私も、レベッカの「ブロンドサウルス」の世代なので
間抜けな感じのアパトサウルスより好きだなあ。

愛しのブロントサウルス―最新科学で生まれ変わる恐竜たち
SX33BO.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| 読んだ本 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

インドと日本の最強コンビ(サンジーヴ・スィンハ)

「孤独を感じられる日本人は幸せ。」
インドから来た著者が感じる、
日本とインドの共通点と違う点。

「ジョブズのような人がいなくても、
うまくやっていける日本はうらやましい。
「20年で失われたなんて嘘」
日本はどんどん住みやすくなり、
便利に、楽になっている。

今や世界中にインド系の人が住んでおり、
世界の12カ国ではインド系の人が
首相や大統領になっているという。
世界一の人口と世界一のネットワークを持つインド。

日本はやはり仲良くしておいた方が良さそうですね。

インドと日本の最強コンビ

ダウンロード (2)
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| 読んだ本 | 07:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

誰も知らない世界のことわざ(エラ・フランシス・サンダース)

世界中の諺を、各国のスペルで綴るとともに、
それが日本語だとどんな意味なのか、
どんなシチュエーションで使うのか、
素敵なイラストとちょっとした使用例が、
また面白い。

「ロバにスポンジケーキ」ポルトガル。
「あなたは私のオレンジの片割れ」スペイン。
「エビサンドに乗って滑っていく」スウェーデン。
「豚の背中に乗っている」アイルランド。
「あそこで熊が踊っているよ」ドイツ。
(意味は読んでのお楽しみ)

いろんな表現があって
諺から、いろんな国の姿が見えるようです。

誰も知らない世界の諺

ダウンロード (1)
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| 読んだ本 | 07:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ほんの数行(和田 誠)

何という魅力的なラインナップだろう。
和田誠さんが自分の装幀した、膨大な本の中から
厳選した100冊について書評を書くというエッセイ。

もう絶版になっていたり、
文庫化の時に表紙が変わっていたり、
読めなくなっている本もたくさんある。

「挨拶は大変だ」丸谷才一
「裏表人生」色川武弘
「街に顔があった頃」開高健・吉行淳之介。
「すっかり丸くおなりになって」佐藤充彦
「仕事場対談」7人のイラストレータ
「はじめて話すけど」小森理。
「つかへい腹黒日記」つかこうへい
「映画この話したっけ」森卓也…。

最後は、父親が築地小劇場の設立メンバーだった話と、
ラジオドラマの音響やっているときに、
思想を理由に、突然クビになった証言。

「近頃、日本をそんな時代に
戻したがっている政治家がいる」、
という父への想いが熱い。

ほんの数行

ダウンロード

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| 読んだ本 | 07:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>